2023年節分の恵方巻の方角は?由来や食べ方のルールは?

2023年節分の恵方巻の方角は?由来や食べ方のルールは? お役立ち情報

Pocket

節分の時に食べると縁起がいいと言われている、恵方巻。

2023年節分の恵方巻の方角についてや、恵方巻の由来や食べ方のルールなど、知りたい方多いと思います。

この記事では

  • 2023年の節分の恵方巻の方角は?
  • 節分の恵方巻の由来は?
  • 食べ方のルールは?

などについて調査していきます。

 


2023年の節分の恵方巻の方角は?

2023年の恵方巻の方角はどこなのか調査しました。

恵方巻の方角は「南南東」と言われています。

 

2023年の節分の恵方巻の方角は誰が決める?

恵方巻の方角は、誰がきめるのでしょうか。

「歳徳神」という神様がいる場所が決め手になります。

 

節分の恵方巻の方角の決め方は?

恵方巻の決め方について調査していきましょう。

「恵方」は、「歳徳神」という神様がいる場所ですので、いる場所が毎年変わるため「東北東」「西南西」「南南東」「北北西」の4つの方角で毎年変わっていきます。

そしてその向きは、中国から伝わった「十干」つまり干支のようなものと組み合わせて決まるようです。

 


節分の恵方巻の由来は?

節分の恵方巻の由来は?

恵方巻の由来について見ていきましょう。

2つの理由があります。

1つ目は大正時代から戦後にかけての間、関西で「節分」として行われていた行事で、その際に商売繁盛をお祈りするため、「丸かぶり寿司」や「太巻き寿司」を食べていたことが始まりとされています。

2つ目は、1973年頃に大阪海苔問屋協同組合が寿司店と手を組みました。

そして、節分に「太巻き寿司」を「恵方巻」として売り出したことが始まりとも言われています。

その後1998年にコンビニが海苔巻きを販売する際に、「恵方巻」として販売されたのがきっかけのようです。

 

大阪の商人や花街の女性たちと考えられています。
大阪の寿司店が節分の日に、太巻きを食べるように勧めるチラシを作ったと言われており、そのような経緯で大阪から全国に広まっていったのではないかと言われています。
また、1995年元祖たこ昌の山路昌彦が当時流行っていた海苔販売の一環として恵方巻を考案したと言われています。
戦国の世である安土桃山時代に、豊臣秀吉が天下統一した時代、豊臣秀吉の家臣である堀尾吉晴が節分の前日に、長い海苔巻きらしきものを食べて戦に勝利したと言われています。
それが縁起がいいという、由来になったのかもしれませんね。

 


節分の恵方巻の食べ方のルールは?

2023年の節分の恵方巻の食べ方のルールは?

 

恵方巻の食べ方のルールについて調査していきます。

  • 太巻きをひとりにつき1本準備する

縁が切れたり福が途切れたりするため包丁などでは割らず、丸々1本用意します。

  • 恵方を向く

その年の歳徳神がいる方角で食べると縁起がいいとされています。

  • 願いごとをしながら、最後まで食べる

話すと運が逃げてしまうようです。

また、目をつぶって食べるや笑いながら食べるといったルールもあるようです。

基本的には喋らず最後まで黙々と食べるのがいいと言われています。

話さずに丸々1本食べるのはなかなか難しいですよね。

いろいろなルールがあるようなので、ぜひ参考にしてみてください!

 

恵方巻以外に食べるメニューについて、見ていきましょう。

〈鰯を使った料理〉

鰯の焼き魚などがおすすめです。

〈そば〉

ざるそばやかけそばなどがおすすめです。

〈大豆〉

福茶、大豆の煮ものなどがおすすめです。

〈こんにゃく〉

こんにゃくの甘辛煮、こんにゃくステーキ、こんにゃくの味噌田楽などがおすすめです。

恵方巻以外にもいろいろなものが節分に食べると縁起がいいのですね!

 


まとめ

2023年節分の恵方巻の方角は?由来や食べ方のルールは?

2023年節分の恵方巻の方角は?由来や食べ方のルールは?についてまとめました。

  • 2023節分の恵方巻の方角は「南南東」です
  • 恵方巻の由来は大正時代など昔の事がきっかけとなっているが定かな理由はわからない
  • 食べ方のルールは、1本を丸々食べる事や願い事をしながら黙々と食べる事などがある

などについてわかりました。

恵方巻の食べ方のルールを知って2023年恵方巻を楽しみたいですよね!

由来もいくつかあり、恵方巻の歴史は面白いですね!

2023恵方巻私も食べたいと思います!

最後まで読んでくださりありがとうございました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました